Sample Image

通関士勉強法

「通関士試験合格」という目標(ゴール)に至るまでには、4つのステップを順にクリアしていかなければなりません。

ステップ1は、「勉強法を選ぶ」です。
通関士試験の勉強法には、独学、通学講座の受講、通信講座の受講、そして専門学校への入学という4つの方法があります。それぞれのメリット・デメリットを踏まえたうえで、自分の性格や学習環境にぴったりの勉強法を選ぶことが、通関士試験合格への第一歩となります。

ステップ2は、「教材・講座等を選ぶ」です。
ステップ1で独学を選んだなら教材(テキスト、問題集等)を、通学・通信を選んだなら講座を、そして専門学校を選んだなら学校を、今度はそれぞれ選ぶ必要があります。独学用の教材については書店で、通学・通信・専門学校の講座等については資料を請求したり、実際に学校を見学したりするなどして、しっかりと比較・検討するようにしてください。

ステップ3は、「学習を開始する」です。
各自が選んだ勉強法、そして教材や講座を活用して、通関士試験の勉強を行います。

ステップ4は、「直前期を過ごす」です。
試験直前期の過ごし方というのは、学習序盤から中盤にかけての過ごし方とはまた少し異なりますので、敢えてステップ4として独立させました。

このサイトは、通関士試験の勉強法をテーマにしたサイトですが、解説内容は「勉強法」だけにとどまらず、言うなれば「通関士試験の合格法」全般に及びます。
具体的には、上記4つのステップに対応して次のような内容を網羅しています。

ステップ1:独学・通学・通信・専門学校、それぞれのメリット・デメリットの解説
ステップ2:おすすめの教材・講座等の紹介
ステップ3:「通関業法」「関税法・関税定率法等」「通関手続の実務等」科目の勉強法
ステップ4:直前期の過ごし方に関するアドバイス

このサイトを通読することで、通関士試験合格に至るまでの4つのステップすべてに関するヒントが得られるようになっています。もちろん、目次を見て、気になったトピックだけを読んでいただいてもかまいません。

本サイトが、これから通関士試験に挑戦する受験生のみなさんのお役に少しでも立てば幸いに思います。

次のページは、通関士試験「独学」が向くのはこんな人

通関士勉強法