Sample Image

知っておきたい!「通関手続の実務等」科目の傾向と対策

通関士試験の試験科目は、①通関業法、②関税法・関税定率法等、③通関手続の実務等の、全3科目からなりますが、このページでは「③通関手続の実務等」の勉強法について解説したいと思います。

「通関手続の実務等」科目は、「通関書類の作成要領」と「その他通関手続の実務」の、2つの内容からなります。
大きな括りで言えば、どちらも貿易実務に関する内容なのですが、出題形式等が異なるため、それぞれに即した勉強法(対策)が必要になってきます。

まず、「通関書類の作成要領」というのは、もっとも実務に近い内容で、配布される仕入書(インボイス)や輸出統計品目表などに基づいて、実際に申告書類等を作成します。
単なる暗記だけでは太刀打ちできませんので、学習に際しては、頭よりも手を動かすことの方が重要になってきます。

また通関士試験本番では、限られた時間のなかで、必要な情報を素早く読み取る能力も要求されます。各書類のどこにどんな情報が記載されているかについては予め把握しておく必要があります。
そこで、場馴れする意味でも、過去問に加えて実務対策専用の問題集なども使ってアウトプット学習を繰り返し行うことが、この科目の勉強法としてはとても有効です。

一方の「その他通関手続の実務」では、①選択式、②択一式、③計算式という、3つのタイプの問題が出題されるわけですが、ここでネックとなってくるのが「③計算式」です。
文字通り、計算問題が中心になってくるので、数字に弱い受験生がもっとも苦手とするところでもあります。

こちらも、「通関書類の作成要領」同様に、反復したアウトプット学習が有効なわけですが、ここで必要とされる知識は、関税法や関税定率法で学習する「関税の確定」「納付」「課税価格」などの知識がベースとなっています。
もし「計算式」の学習につまずくようなら、一旦、関税法や関税定率法にまで立ち返って、基礎を固めてから再チャレンジするというのも、勉強法として有効だと思います。

次のページは、段階別に見る、試験直前期の過ごし方

通関士勉強法